影を認めることで光の強さに気づける

どうも

満足しちゃっている

あずきんぐです。

 

 

前回は

ネガティブはなくならないということを認めちゃおう。

というお話だったけど、

今回もネガティブを認めることで良いこともあるという内容。

 

 

良くない出来事や感情=ネガティブ=影

良い出来事や感情=ポジティブ=光

 

とすれば、

 

影があるってことは

光があるってことだよね。

 

影を認めることで

光があることを認めることが出来る。

 

影にばかり意識がいっていると

すべてが影に覆い尽くされているように感じるけど、

そのさらに上には強い光が存在している。

 

影を認めたら、

次に「だけど光もある」という考え方をしてみよう。

 

影:旦那さんは家事を手伝ってくれない、むかつく

光:だけど、いつも優しいし、力持ち、家族のために頑張ってくれている

 

影:お得意先からの仕事がなくなった、不安だ

光:だけど、まだ他の仕事がたくさんある、そのぶん今ある案件の質を上げることが出来る、それが評価されてもっと良い案件が入ってくるかもしれない

 

こうやって考えると、

なんだ影よりも光の方が強いじゃん

って気づくことが多いんだよね。

 

クリック、ありがとう(・ω・)bグッ
ありがとう×1000回の感謝を送ります。
↓ ↓ ↓

引き寄せの法則ランキングへ

スポンサーリンク